植毛治療、植毛クリニックの費用や評判が分かる

薄毛/脱毛症にもう悩まないための「植毛治療

植毛技術、医療設備、実績多数の専門ドクターの全てが揃った、
安心で信頼性のあるクリニックだけを厳選

四つ厳選した植毛クリニックを確認

また、薄毛の悩みから植毛についてのコラムもご紹介しております。

カツラよりは自毛植毛がおすすめ!自毛植毛のメリットデメリット

薄毛でお悩みの方

薄毛でお悩みの方、どのように薄毛を改善するかお悩みではありませんか?

かつらという手段もありますが、自毛植毛はどうでしょうか?
自毛植毛のメリットについてご説明致します。

生きた自毛なので、他の健康毛同様に伸び、何度でも生え変わる。
一旦植毛に成功すると、もう抜け毛の心配はありません。

自毛なので自然です。

人工毛ではどうしても不自然な感じが出てしまいますが、自毛ならば、当然自分の毛なので自然です。
手触りも違和感ありません。スタイリング剤を使用しても違和感は発生しません。

カツラや人工毛のようなケアが必要ありません。

かつらは提供機関での定期的なメンテナンスが必要になります。
人口毛も医療機関での定期的なメンテナンスが必要になります。
その点、自毛植毛ならば、一旦植毛に成功すると、自分の毛と同様に成長しますので、メンテナンスは必要ありません。

蒸れることなく、洗髪やスポーツも気軽にできる。

カツラと異なり、自毛では当然蒸れることがありませんし、当然何もかぶっていませんのでスポーツも問題なく可能です。

自毛植毛は、拒絶反応の必要がありません。

人工毛でしたら、異物と認識され、かゆみ、腫れの症状が出るときがありますが、自毛植毛は当然自分の毛になりますので、拒絶反応の心配は一切ありません。
このように薄毛を改善する方法はカツラ、人工植毛、自毛植毛とありますが、メリット、デメリットを考えますと、自毛植毛が一番お勧めということはご理解頂けると思います。

自毛植毛を行う為にはどうすればよいのでしょうか?

では、自毛植毛を行う為にはどうすればよいのでしょうか?

それは植毛クリニックという専門機関がありますので、そこに通われることが一番の近道になります。
では植毛 クリニックを選ぶポイントについてご説明致します。

体への負担が少ない術式と最新設備、技術

自毛植毛手術には何種類かありますが、最新の手術にはメスを使用しない為、体への負担が少ないFUE法という術式があります。
また最新の設備を揃え、最新の技術を提供できるクリニックを選ぶことがポイントになります。

投薬治療も平行して受けられる。

自毛植毛を受けると、移植に成功するまではAGAによる毛髪後退が心配されます。
そこで、自毛植毛と平行して、AGAの進行を止める投薬治療も必要です。
どこのクリニックでも投薬治療は受けることができますが、投薬の種類が多く、選択肢の幅が多いことがポイントになります。

費用の安さ
自毛植毛は保険の適用外ですので、植毛 費用を考えると当然植毛の費用自体が安いことがポイントです。
また、植毛 料金自体もクリニックによって差がありますので、事前に下調べを行い、詳細を把握しておくことがいいでしょう。
また、投薬治療も、ジェネリック医薬品を選択できるなどの患者様のことを考えているクリニックが望ましいですね。

自毛植毛の費用や手術方法について

自毛植毛の費用や手術方法について

ここまで自毛植毛のいいところ、植毛クリニックについて記載してきましたが、具体的にどのくらいの費用がかかるのかご説明致します。

まず、自毛植毛は保険の適用外になります。
どうしても高額になってしまいますので、使用する医療器具、施術方法の違いにより自分にとってベストな解決策を見つける必要があります。

基本的に移植する植毛数が多いほど高額になります。
また、人体への影響が少ない器具や施術方法を用いる場合、その手間代で高額になることがあります。
妥協できるところを把握し、少しでも費用を安く抑えたい方は、参考にしてみて下さい。

FUT法

メスを使用してドナーの後頭部から毛根を採取する方法です。
採取の手間もあまりかからない為、費用は若干休めです。

FUE法

毛根の採取にメスを使用せず、パンチといって、毛根を個別に採取する方法です。
メスを使用しないので、体へのダメージが少なく傷口が残りませんが、手間がかかりますので費用は高くなります。

このふたつの手術法は、毛髪のステージにより費用は変わってきます。

ごく初期で生え際のラインがやや後退した程度の場合
FUT法:10~20万円ほど
FUE法:20~30万円ほど
初期状態よりも進行し、外見でハゲと認識できるくらいの中程度の場合
FUT法40万円以上
FUE法50万円以上
前頭部から後頭部にまで広範囲に広がった重度の場合
FUT法100万円
FUE法120万円
後頭部と側頭部以外は全てハゲ上がっている場合
FUT法、FUE法ともに150万円以上

という費用がかかってしまいますので、自分の状態と比較した上でベストな方法を取って下さい。

また、手術以外にも投薬の費用がかかってしまいます。
投薬では主にAGA治療薬があり、手術を行わず、AGA治療薬のみで対応をするという選択ももちろん可能です。
投薬のみの治療ですと傷が残りませんし、体へのダメージは当然手術をしない為、少ないです。
AGA治療薬で毛髪の後退を防ぎ、さらに発毛成分を持つ投薬をすれば、より効果がはっきりでます。

このように手術と投薬の併用、手術のみ、投薬のみといろいろ選択肢はありますので、ご自分の症状を理解した上で、費用と相談し、自分にあった治療方法を選択することがよいと思われます。
まずは植毛クリニックへご相談されてはどうでしょうか?

植毛で薄毛を解消!もう悩まない!

植毛 クリニックを利用すれば、髪に関する悩みは解消の方向へと向かいます。薄毛治療は主に植毛・増毛・育毛とありますが、その中でも植毛は確実性と永久的な効果が期待できます。

植毛を簡単に説明すると、頭皮に人工毛や人毛を人工的に植え付けることです。増毛や育毛とは違い医療行為となりますし、植え付けている訳なので何か大きな衝撃が加わったり強く引っ張らない限り抜け落ちることはありません。
経年劣化によるケアや手術の費用はもちろんかかりますし、増毛や育毛よりも出費は大きくなりますが薄毛を解消できる可能性が非常に高いので、対価だと考えれば損な気分にはなりません。

植毛の確実性は、増毛や育毛と比較することで更に分かりやすいです。
増毛は特殊なシートなどを使って人工毛を頭皮に貼り付けることですが、植毛との違いは植え付けと貼り付けという部分です。貼り付けているだけなので当然剥がれますし、手入れもしなければいけません。
すぐに薄毛を隠したいなど即効性を求める方にとっては良い方法ではありますが、根本的な薄毛治療にはなりません。
言うなればカツラと同じで薄毛を隠すことに重点を置いています。育毛はその名の通り毛を育てることで、一番頭皮にとって自然な薄毛治療ではあります。

具体的には今ある髪を強く健康にして抜け毛を防ぎますが、多くの時間がかかる上に確実に薄毛が解消されるかどうかは分かりません。
育毛剤などを使いながら育毛することになるのですが、髪は生活習慣によっても状態が変わってくるので不規則な生活をすれば薄毛は解消できません。なので結局は育毛剤を使いつつ、バランスの良い食事や適切な睡眠を心がける必要性があるので本人の努力次第で結果は大きく変わってきます。
このように比較すると、植毛は毛を貼り付けるだけではありませんし、適切な生活習慣を送らないと効果が出ない訳でもありません。

植毛 効果は当然机上の空論ではなく実際に効果を実感している方が存在します。植毛 利用者の声を数例紹介していきます。

植毛には人工植毛と自毛植毛がありますが、人工植毛は自分の毛ではない人工の毛を植え付けて薄毛を解消することで自毛植毛は自分の毛を使って植え付けることを指します。

人工植毛利用者Kさん

人工植毛利用者のKさんは薄毛に悩んでいましたが、知人が人工植毛をしておりその見た目があまりにも自然だったので自分も実践しようと決意しました。

Kさんは過去にカツラや増毛を経験していたのですが、周囲の人に勘付かれているのではないかと不安になっていたようです。
しかし実際に植毛してみると想像以上の仕上がりで、まるで頭皮から自然に生えている毛のようで違和感を全く感じなかったそうです。周囲の方からも若返った、男として魅力を感じるなどのポジティブな言葉が相次ぎKさんは人として自信を取り戻しました。

自毛植毛を経験したNさん

自毛植毛を経験したNさんはなぜ自毛植毛を選んだのかと言うと、頭頂部のみの薄毛だったという点と自分の毛を使うという安心感が決めてだったとのことです。

人工植毛でも全く違和感はないですが、自毛植毛であれば更に自然な仕上がりになります。
薄毛治療をしたと思えないのに薄毛を解消できているという現実に満足していて、良い選択だったと感じています。

私も現在人工植毛を行っている最中ですが、効果が出始めるのが約半年後~とのことです。すぐにフサフサになるという訳ではありませんが、効果を期待して待っています。

植毛には注意点や頭に入れておきたい知識があります。

まず人工植毛ですが、自分の毛ではなく人工の毛を植える訳なので稀に炎症や拒否反応を起こす場合があります。
原因は、体質が大いに関係してきますが人工毛の管理が不適切だったというケースも否定できません。なのでクリニックを利用する際は口コミや評判を必ず見て信頼できそうな所を選ぶ必要があります。

自毛植毛にも注意点があり、自分の毛を使うのである程度毛が残っていないと移動できません。
一般的には襟足や後頭部などある程度毛が残っている部分から頭頂部などに移動させます。なのでほとんど髪が残っていない場合は移動させる髪がないので必然的に人工植毛を選択することとなります。

自毛植毛が可能かどうかは自己判断ではなくクリニックの方が判断するので、まずは相談することから始めます。

また、移し替える髪を取る時に傷が残る場合があるので、それを嫌う場合も人工植毛を選ぶことになります。
基本的には安全なのですが、やはり毛を移すという行為は負担の大きい行為なのである程度は仕方ありません。

また、移し替える髪を取る時に傷が残る場合があるので、それを嫌う場合も人工植毛を選ぶことになります。
基本的には安全なのですが、やはり毛を移すという行為は負担の大きい行為なのである程度は仕方ありません。

特に人工植毛の場合ですが、植毛後に望んでいるヘアスタイルがあるのだとすれば、その事をクリニックの方に伝えなければいけません。
単に薄い部分を隠すだけでなく、ボリュームが増せば髪型の自由度も高くなるので好きな髪型に挑戦することができます。

植毛は人生の中でも大きな決断であると同時に、人生を好転させる手段でもあるので積極的に考えたいです。

植毛を決断!料金は?そしてオススメクリニックの紹介

数年前まで、薄毛を解消させる方法は育毛剤やシャンプーの使用が主流でした。
ただ、現在はより確実性の高い薄毛治療として植毛が主流となっており多くの薄毛を解消しています。

植毛とは

その名の通り毛を植え付けることでして人工毛を付ける場合もあれば人毛を付ける場合もあります。
人毛を付けるとは、自身の後頭部など毛量が豊富な部分から頭頂部など薄くなっている部分に移動させることで、主に部分的に薄くなっている方が行う方法です。

植毛 費用

まず人工毛か人毛かで変わってきます。
植毛 クリニックによってバラつきはありますが一般的には人工毛の方が安いです。人工毛は一本約三百円で人毛は一株約千円ほどです。

故に人工毛の植毛 料金が数万円から数十万円で収まるのに対し人毛は数十万円から場合によって百万円を超える可能性もあります。

料金だけを見ると、人工毛一択だと思われるかもしれませんが人工毛を植え付けた時に人によって拒否反応や炎症が起こる場合があるので自身の体質と相談して慎重に選択しなければなりません。
また、人工毛は製造物なので永久的に状態が維持できる訳ではありません。状態が悪くなった時にはメンテナンスをしなければいけませんし、それには当然ある程度の出費があります。

人毛は、自分の毛を使っているので移動させたところで拒否反応などが出る可能性はありません。
ただ、薄い部分を隠すことができる反面移動させる為の毛は失いますし、取り除く際に傷ができる可能性もあります。

以上のように、人工毛の方が一般的に安いからと言って安易に選択するのは間違っていますし、だからと言って人毛が完全なものであるとも限りません。
人はそれぞれ薄くなっている部分や範囲が異なる訳ですから、人工毛と人毛のメリットやデメリットを把握して選択することが重要です。

植毛 料金は、薄くなっている部分が広ければ広いほど高くなります。

これは植毛作業の手間や毛の用意などの観点から考えると自然なことだと分かります。
技術や評判を重視して出費額を全く気にしないのであればそれで十分ですが、一円でも安く植毛を終わらせたいと考える場合は各クリニックを天秤にかけなければいけません。

各クリニックに行って即日に植毛作業に入るというケースはほぼありません。

まずは植毛に関する注意点などの説明があり、頭髪の状態や人工毛・人毛の選択肢によって大体の予算が決まるはずです。

世の中には数多くのクリニックがあるので、より安く済ませるには色々な場所で見積もってもらう必要があります。
そしてその中で一番安くできると判断したクリニックでお願いをすれば良いです。

薄毛の悩みは、前頭部の生え際と頭頂部が大半を占めていますが、ストレスによって側頭部辺りにできる円状の脱毛などでも植毛の利用は可能です。

一般的には、前頭部の植毛治療が一番安く、その次に頭頂部の植毛治療が続きます。もちろん、前頭部と頭頂部両方を植毛した場合が一番高額となります。

クリニックは、料金の違いはもちろん実力の違いがあります。高いクオリティで要望通りの状態に仕上げてもあまりお金がかからなかったり、逆に全く要望と違う状態になっても高い料金を請求される場合もあります。

世の中のクリニックを一気に見ようとすると、何が正しくて何が良いのか分からなくなってくるので四つのオススメのクリニックを紹介したいと思います。

植毛クリニックを厳選

東京都内の植毛クリックを四つ厳選しました。

まず何よりも人気や評判を重視する場合は「アイランドタワークリニック」です。

現在のところ、国内のシェアがナンバーワンで十人に七人が選ぶという状況です。
私もアイランドタワークリニックを利用しましたが選んだ理由はやはり皆も選んでいるからです。多くの植毛を経験しているので、上手く対応してくれるだろうという安心感がありました。
植毛に慣れている方というのは世の中にそういませんので、他の皆も選んでいるという事実は大きな後押しとなります。

アイランドタワークリニックで無料相談

技術を最優先するのであれば、「親和クリニック」です。

メスを使わないを切らない植毛を受けられる国内有数のクリニックです。
毛根の切断率を極限まで抑えることによって頭皮のダメージも少なくなりますし何より安心感があります。作業をする医師も熟練で、簡単に真似できるものではありません。

親和クリニックで無料相談

人気や技術より、とにかく安く植毛を済ませたいと考えている場合は「ヨコ美クリニック」です。

例えば他では百万円を超える料金であっても、ヨコ美クリニックであれば六十万円ほどで済ませることができます。
むしろ国内最安値というレベルですが、だからと言って技術が欠如している訳ではありません。

ヨコ美クリニックで無料相談

技術とリーズナブルを同時に追い求めたい方は「TOMクリニック」です。

国内有数のアルタスが導入されているクリニックの中で最安値で手術を受けることができます。
植毛を決断する際は、自身の経済状況や理想など様々なことを考え、何を重視するか決めなければいけません。

TOMクリニックで無料相談