薄毛のコンプレックス

カツラよりは自毛植毛がおすすめ!自毛植毛のメリットデメリット

薄毛でお悩みの方、どのように薄毛を改善するかお悩みではありませんか?

かつらという手段もありますが、自毛植毛はどうでしょうか?
自毛植毛のメリットについてご説明致します。

生きた自毛なので、他の健康毛同様に伸び、何度でも生え変わる。
一旦植毛に成功すると、もう抜け毛の心配はありません。

自毛植毛 4つのポイント

自毛なので自然です。

人工毛ではどうしても不自然な感じが出てしまいますが、自毛ならば、当然自分の毛なので自然です。
手触りも違和感ありません。スタイリング剤を使用しても違和感は発生しません。

カツラや人工毛のようなケアが必要ありません。

かつらは提供機関での定期的なメンテナンスが必要になります。
人口毛も医療機関での定期的なメンテナンスが必要になります。
その点、自毛植毛ならば、一旦植毛に成功すると、自分の毛と同様に成長しますので、メンテナンスは必要ありません。

蒸れることなく、洗髪やスポーツも気軽にできる。

カツラと異なり、自毛では当然蒸れることがありませんし、当然何もかぶっていませんのでスポーツも問題なく可能です。

自毛植毛は、拒絶反応の必要がありません。

人工毛でしたら、異物と認識され、かゆみ、腫れの症状が出るときがありますが、自毛植毛は当然自分の毛になりますので、拒絶反応の心配は一切ありません。
このように薄毛を改善する方法はカツラ、人工植毛、自毛植毛とありますが、メリット、デメリットを考えますと、自毛植毛が一番お勧めということはご理解頂けると思います。

では、自毛植毛を行う為にはどうすればよいのでしょうか?

それは植毛クリニックという専門機関がありますので、そこに通われることが一番の近道になります。
では植毛 クリニックを選ぶポイントについてご説明致します。

体への負担が少ない術式と最新設備、技術

自毛植毛手術には何種類かありますが、最新の手術にはメスを使用しない為、体への負担が少ないFUE法という術式があります。
また最新の設備を揃え、最新の技術を提供できるクリニックを選ぶことがポイントになります。

投薬治療も平行して受けられる。

自毛植毛を受けると、移植に成功するまではAGAによる毛髪後退が心配されます。
そこで、自毛植毛と平行して、AGAの進行を止める投薬治療も必要です。
どこのクリニックでも投薬治療は受けることができますが、投薬の種類が多く、選択肢の幅が多いことがポイントになります。

治療と比べると費用が安い

自毛植毛は保険の適用外ですので、植毛 費用を考えると当然植毛の費用自体が安いことがポイントです。
また、植毛 料金自体もクリニックによって差がありますので、事前に下調べを行い、詳細を把握しておくことがいいでしょう。
また、投薬治療も、ジェネリック医薬品を選択できるなどの患者様のことを考えているクリニックが望ましいですね。

関連記事

  1. 植毛クリニックの施術方法や費用感について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP