薄毛のコンプレックス

植毛クリニックの施術方法や費用感について

自毛植毛の費用や手術方法について

前回、自毛植毛のいいところ、植毛クリニックについて記載してきましたが、具体的にどのくらいの費用がかかるのかご説明致します。

まず、自毛植毛は保険の適用外になります。
どうしても高額になってしまいますので、使用する医療器具、施術方法の違いにより自分にとってベストな解決策を見つける必要があります。

基本的に移植する植毛数が多いほど高額になります。
また、人体への影響が少ない器具や施術方法を用いる場合、その手間代で高額になることがあります。
妥協できるところを把握し、少しでも費用を安く抑えたい方は、参考にしてみて下さい。

植毛の施術方法について

植毛の施術には大きく分けて二つの施術方法があります。
この二つの手術法は、毛髪のステージにより費用は変わってきます。

FUT法

メスを使用してドナーの後頭部から毛根を採取する方法です。
採取の手間もあまりかからない為、費用は若干休めです。

FUE法

毛根の採取にメスを使用せず、パンチといって、毛根を個別に採取する方法です。
メスを使用しないので、体へのダメージが少なく傷口が残りませんが、手間がかかりますので費用は高くなります。

薄毛の進行速度別の費用感について

薄毛の初期段階から重度な状態でどの程度料金が掛かるのか紹介いたします。
あくまで基準となりますので、参考までにご覧ください。

ごく初期で生え際のラインがやや後退した程度の場合

FUT法:10~20万円ほど
FUE法:20~30万円ほど

初期状態よりも進行し、外見でハゲと認識できるくらいの中程度の場合

FUT法40万円以上
FUE法50万円以上

前頭部から後頭部にまで広範囲に広がった重度の場合

FUT法100万円
FUE法120万円

後頭部と側頭部以外は全てハゲ上がっている場合

FUT法150万円~
FUE法150万円~

という費用がかかってしまいますので、自分の状態と比較した上でベストな方法を取って下さい。

また、手術以外にも投薬の費用がかかってしまいます。
投薬では主にAGA治療薬があり、手術を行わず、AGA治療薬のみで対応をするという選択ももちろん可能です。
投薬のみの治療ですと傷が残りませんし、体へのダメージは当然手術をしない為、少ないです。
AGA治療薬で毛髪の後退を防ぎ、さらに発毛成分を持つ投薬をすれば、より効果がはっきりでます。

このように手術と投薬の併用、手術のみ、投薬のみといろいろ選択肢はありますので、ご自分の症状を理解した上で、費用と相談し、自分にあった治療方法を選択することがよいと思われます。
まずは植毛クリニックへご相談されてはどうでしょうか?

関連記事

  1. カツラよりは自毛植毛がおすすめ!自毛植毛のメリットデメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP